FC2ブログ

霧の寝台

ガチ×ノンケ専門の官能小説 主なジャンル:GL BL NTR 催眠 調教 監禁 男の娘 女装

Part.69 【 絆 】


薄暗いホールの真ん中で真里は泣いていた。

腐女子の趣味をバラされたショックと、
最愛の人が犯される姿を見て興奮してしまい、彼女の心は自虐と絶望で満たされていた。
小早川は、そんな彼女を嘲(あざけ)り笑いながら、
鮫島に次なる指示を出す。


「その女と向かい合わせになるよう、誠ちゃんの向きを変えてちょうだい」


鮫島は四つん這いになる誠を軽々と抱き上げると、指示通り動かし始めた。その間も熱い肉棒が、誠の腸内を掻き乱す。


「ふぁっ♡ ぁぁぁ!♡」


男の熱い塊に腸壁を抉(えぐ)られ喘ぐ誠。

鍛えられた男の腕の中で、彼の華奢な身体はビクビクと打ち震えていた。
勃つことを忘れた彼の小陰茎(しょういんけい)からは、
前立腺への刺激で産み出されたオカマ汁が、ポタポタと零れ落ちていた。

誠は真里の真向かいに立たされ、再び四つん這いの姿勢にされる。
顔を隠すこともせず、快感で蕩けきった雌の表情を余すことなく彼女に向けていた。


「おい誠、さっさとそいつに別れを言え。
お前も早くこれを動かして欲しいだろう?
終わったら、好きなだけ掘ってやるから早くしろ」


誠の白いお尻を軽く叩きながら鮫島が言う。
差し込んだ肉竿を早く出し入れしたいのか、急かすように言っていた。


「誠ちゃん、焦らなくてもいいのヨ? 
彼女に言いたいこと、じっくり伝えてあげて♡
もう思い残すことがないようにネ、うふふふふ♡」


ノンケの男が女と別れ、自分たちの仲間となる。
小早川にとって、こうして女から男を奪うのは、
何事にも代えがたい悦楽のひとときであった。

その時間は長ければ長いほど良い。

男が女を口汚く罵れば罵るほど、
女の心が傷つけば傷つくほど、彼の心は癒される。

女性が人権を剥奪(はくだつ)され、卵子を生成する道具として扱われる社会になるまで、彼の復讐は続くであろう。

この絶世の美少年、桐越誠はそのための強力な武器となる。これほどの美少年をニューハーフにできれば、今よりも楽にノンケの男性を籠絡(ろうらく)できるようになるだろう。

そのためにも、この二人は何としてでも別れさせなければならない。
配偶者や彼女がいる男性は、催眠の継続性が低く、
ニューハーフ嬢として働かせても、途中で暗示が切れてしまうのだ。

しかし恋人の存在がなくなれば、催眠の深化は留まることを知らなくなる。

いずれは催眠と素の状態が逆転し、
催眠を解いても、従順なニューハーフ嬢として働くようになるのだ。

そう……今この場で黒服として働く元ノンケの男達のように。






誠を堕とすには、先ほどの真里の行動が重要となってくる。

彼女は、誠が身代わりに犯されたにも関わらず、
その自己犠牲の精神を踏みにじるかのように、興奮して股を濡らしてしまっていた。

そのため誠が真里を軽蔑している可能性は高い。

それに加え、誠の女性への性的欲求は、既に完全に消えてしまっている。
性欲が湧かないのであれば、彼にとって彼女はもはや必要のない人物であるはずだ。

催眠により、今の誠は本音を口にすることしかできなくなっている。

いったい彼はどんな罵声を浴びせ、別れを告げるのだろうか? 別れを告げられた彼女の反応は?

これから起こる愛憎劇に、小早川は心を躍(おど)らせていた。


「真里さん……んんっ♡」


甘い吐息を漏らしながら、話を始める誠。


「うっ、うっう……ごめんなさい、誠くん」


真里は泣きながら誠に謝罪した。
彼女にとって、彼は世界で一番大切な人。
そんな人をこんな状況でも淫らな目で見てしまい、彼女はひどく後悔していた

そんな真里に誠は言う。


「真里さん……わたしが犯されて興奮していたって本当なの?」

「う、うん……本当。
誠くんが男の人に犯されて……興奮しちゃったの。
私、本当は……男の人同士のエッチを見て、興奮しちゃう変態なの……」


もう隠し立てはしない。
罪を誤魔化して、これ以上彼を裏切りたくはなかった。真里は、これまでひた隠しにしてきた腐女子の性(さが)を、全て打ち明けるつもりであった。

彼女の暴露に戸惑いながらも、誠は質問を続ける。


「……満足した? わたしが犯されるのを見て、真里さんは満足したの?」


それを聞き小早川は、誠が真里を問い詰めていくつもりなのだと感じた。


(ふふふ……良い調子ね。ああやって追い詰めていくのネ。まっ、自分が大変な目に遭っているのに、興奮されたら誰だって怒るわよネ)


これまで引き裂いてきたカップルと同じだ。
別れを切り出させる前に喧嘩を始める者もいたが、流れとしてはこちらの方が断然良い。殴り合いに発展したら、騒がしいし興醒めでもあるからだ。


「ううん……満足しなかった」

「どうして?」

「触らなかったから……誠くんが襲われているのに、自慰することなんてできなかったから……」


ここですかさず小早川の野次が飛ぶ。


「触らなくても、おまんこ濡らしてたら同じことでしょ? 何、自分はさも頑張りましたよって感じ、出してるの?

そんなこと言っても、アンタが不謹慎なことを考えてたのは変わらないワ。
本当に愛してるんだったら、そもそも発情すらしないわヨ!

ホント、女って自己擁護が多くてヤーネー! 
なんだって人のせいにするし、いつだって自分は悪くないって言うし、ホント嫌になっちゃうワ。誠ちゃんもそう思うでしょ?」


一切の自己弁護を許さない。
小早川は般若のような顔で真里を睨みつけていた。


「うっうっ……ごべん……なさぁいぃ……ん、んぐっ……ご、ご……ごべん……なざいぃぃぃ」


真里は両手で顔を覆うと、再び床にひれ伏してしまった。
小さくなった背中は、罪悪感に打ちひしがれ、小刻みに震えている。
この広いホールを、しばらく彼女の泣き声だけが木霊していた……。


「……」


誠は何も言わず、ただ悲しい目つきで真里を見つめていた。

彼が何を考えているのか?

おそらく長い付き合いのある直美であれば、
彼の今の心情を察することができたであろう。

誠は一旦目を閉じて、
心の中で彼女にかける言葉を決めると口を開いた。


「いいよ、真里さん」

「…………」


誠の声を聞き、泣き止む真里。


「……え?」


彼女は誠の言葉の意味が分からず、聞き直した。


「だから……私が犯されるのを見てオナニーして♡ 真里さんがそれで気持ち良くなってくれたら、私も嬉しい。私……真里さんのこと大好き……だから、いっぱい触って気持ちよくなって!」

「……誠くん!」


なんと誠は真里を非難するどころか、
その性癖を認め、彼女が自慰するのを許可してしまったのだ。

どちらにしても、ここから逃げ出すことはできない。そうであれば、彼女を苦しめているものを、できるだけ取り除いてあげたいと彼は思ったのだ。

誠は、四つん這いで床についた両腕に力を込めると、鮫島のものが差し込まれたお尻を動かし始めた。


「あっあぁん!♡ 気持ちいぃ!!♡♡」


そして快感に喘ぐ女のように、嬌声を上げた。
真里にこの想いが伝わるように、彼女の目をしっかり見据えて、誠は叫んだ。

想定外の出来事に鮫島は驚く。
まさか誠の方から腰を動かしてくるとは……。


(くっ、しかもこの締め付け……さっきとは大違いだ!!)


誠はお尻の筋肉を締めて、
鮫島の肉棒を貪(むさぼ)るように腰を動かしていた。


「はぁっ♡ いぃのぉ!♡ 真里さぁん!
わたしのお尻……おちんちんが入って……
はぁあん!♡ すっごく気持ちいいっ!!♡」


その光景を見て、真里の中で何かが弾けた。
男の象徴をその身に受け、女の性に歓び喘ぐ誠。
しかも誠は、それを自分を喜ばせるためにしてくれている。

言葉で表現できないほどの喜びと感動。
そしてこれまで感じたことのない安らかな快感が真里を襲った。


「あぁぁん!!♡♡」


既に許容量を超え、愛液を垂れ流すだけとなった蜜壺に、彼女は指の一本一本をうねる触手のような動きで這わせた。


「ああぁっ! 気持ちいい! はぁ♡
すっごく気持ちいいっ!! 誠くぅん♡♡」

「もっと! もっと良くなって、真里さん♡
あぁん♡ 私もおまんこ気持ちいぃっ♡♡」


慈愛に満ちた眼差しで微笑む誠。
そんな彼の優しい瞳に包まれて、安心して快感を堪能する真里。

二人の動きはすっかりシンクロし、
まるで激しく交尾する動物のような動きになっていた。


(なんてことなの……信じられないわ……)


小早川は度肝を抜かれていた。
これまでのカップルは、一方的に男が女を罵るか、女が応戦して罵り合いに発展するかのどちらかであった。
誠のように、彼女の変態性を受け入れ、自分をオカズに自慰を許可する者など一人もいなかったのである。

だが、このまま彼らを満足させてはならない。
慌てた小早川は鮫島に指示を出した。


「サメちゃん! すぐに止めさせなさい!!
誠ちゃんを抑えるのヨ!!」

「ぐっ、だめだ……こいつのケツ、気持ち良すぎて理性が……」


肉棒に与えられる未知の快感。
それは、これまで数々の男の尻を犯してきた鮫島にでさえ、理性を忘れさせるほどの魔力を秘めていた。本気を出した誠のアナルは、まさに名器中の名器だったのである。


「誠くぅん!! すきぃいい!! 愛してるっ!
あっあぁん♡ 気持ちぃいいよぉぉおお!!!」

「私も! 真里さんのこと愛してるっ♡」


愛を叫び合う二人。
もっと奥に、もっと奥に、鮫島の抵抗が弱まっていることを良いことに、誠は肉棒の根本まで、お尻でちゅうちゅうと吸いついていった。
さらに腰をくねらせ、前立腺を舌のように扱い、それを嘗め回す。

自分が男と淫らに交わるほど、真里は気持ちよくなってくれる
彼女が気持ち良くなってくれるのが嬉しくて、
彼女をもっと喜ばせたくて、誠は積極的に行為に徹していた。


「はぁん♡ 誠くんっ、おちんぽ突っ込まれるってどんな感じなの?」

「うんっ! ああぁっ♡♡ すごく……熱くて、硬くて、蕩けちゃいそうなのぉ♡♡」

「ふぁっ♡ すごぉい♡♡」


娼婦のような怪しい目つきで、見せつけるように言う誠に、真里は大いに興奮した。


ここで鮫島が大きく叫ぶ。


「うおおおおおおおおお!!!!」


既に彼は目がイってしまっていた。
アナルから押し寄せる快楽の波に飲み込まれ、理性を失ってしまったのだ。彼は自らの肉棒を美味しそうに頬張る誠の尻を掴むと、一気に腰を動かした! 


「サメちゃんっ! 待ちなさいっ!!」

「うおおおおおおおおおおおお!!! 
俺の本気の突きをおおおおおおおっ!
喰らいやがれぇえええええ!!!!!」


小早川の静止も聞かず、鮫島は本気で誠を犯し始めてしまった。


「ちょっと、あんた達っ! 見てないで、鮫島を止めなさい!!」

「はいっ!」


黒服達が一斉に止めに入る。
しかし高速で打ち出される鮫島の拳によって、
彼らは次々と吹き飛ばされてしまった。

顎を砕かれる者。
目が有らぬ方を向き意識を失う者。

まさに一撃必殺。

誰一人、彼の拳を受けて立ち上がれる者はいなかった。


「だめだ、今の鮫島さんに近づくのは危険過ぎる」


怯える黒服達。
既に半数以上がノックアウトされてしまっていた。


「くっそ……あんのバカ!」


そこで小早川は思いつく。
鮫島が止められないのなら、他を止めれば良いのだと。


「あの女を捕まえなさいっ! すぐに自慰を止めさせるのヨ!」


慌てていた小早川は、つい大きく叫んでしまった。
その声を聞き、誠は真里に言った。


「真里さん、私の身体の下に隠れて!」

「はいっ!♡」


真里は四つん這いになる誠の身体の下に足を入れると、仰向けになるように滑り込んだ。


「くっ! なんてとこに逃げ込むの! 早くそいつを引きずり出しなさい!」


黒服が真里を掴もうと手を伸ばす。
しかし、誠が両腕で真里の肩をがっちり抑えているため、上手くいかない。

それでもなお、黒服は真里を引っ張り上げようとするのだが……。


「邪魔すんじゃねーー!!」


誠の腰の動きが鈍り、快感が弱まったことにキレた鮫島が、黒服の袖を掴み強烈な頭突きをくらわせた。
その場に倒れる黒服。もちろんピクリともしない。
既に鮫島は誠の尻から与えられる快楽の虜になり、邪魔する者を全て排除するようになっていたのだ。


「あのヤロー!!」


ギリっと据わった目で鮫島を睨みつける小早川。そんな彼に黒服の一人が進言する。


「小早川さん、鮫島さんに催眠を掛けて眠らせるのはどうですか?」

「それができればとっくにやってるわヨ!
あいつは、どういう訳か催眠が全然効かないの! でなければ、素っ裸でその辺うろつかせたりしないワ!」


ギリギリと歯切りをして悔しがる小早川。
だがこれ以上、戦力を失いたくはない。
彼は一旦鮫島を止めるのを諦め、静観することを決めた。


再び腰をグラインドさせる誠。
彼が見下ろす目線の先には真里がいる。
彼女はすっかり欲情した目付きで、誠が男に犯される姿に見入っていた。


「誠くん……すごいエッチ♡
男の人に犯されてエロカワイイ♡ はぁ♡ はぁっ♡」

「もぉ、カワイイだなんて……恥ずかしいよ♡」


鼻先が触れる距離で笑い合う二人。
彼らは鼻がぶつからないように顔をずらすと、唇を合わせた。


「ンンッ! ンフー♡ ンッ♡ ンッ♡」


接吻を交わしながらも、鮫島の剛直が誠の前立腺を押し潰す。そのあまりの快感で、誠は淫らな吐息を彼女の口に吐いてしまった。

そんな彼の息をうっとりとした表情で受け入れる真里。誠が男の肉棒を受入れ吐く息は、なんとも淫靡で甘い香りがした。
そのまま見つめ合いながら、舌を絡ませ合い愛情を表現する二人。

催眠の影響もあり、
誠にとってこの行為自体は性感を伴わないものであったが、真里と触れ合いたいという気持ちは変わらなかった。

いくら催眠を受けようとも、どれだけ男性への欲求を高められようとも、誠の真里へ愛は変わらなかったのだ。





ここで突き方を変える鮫島。
さすがノンケ堕としのエキスパートなだけあり、
実に飽きさせない巧みな動きをしている。


「ぁんっ♡ 鮫島さん。それ、すごいのっ!♡」


新しい刺激が与えられ、快感でアヘり出す誠。

彼のペニクリから溢れる液は、ちょうど真向かいにある真里の女性器にポタポタと垂れていた。
真里は誠の愛液を指で掬うと、そのまま割れ目に擦り付けた。


「あぁ……マコちゃんの女の子の液、私のと混ざってる♡」

「あっ♡ ンッ♡ マコ……ちゃん?」


真里が初めて誠のことをマコちゃんと呼んだ。
これは誠が女の子だった頃に、サークルのメンバーが使っていた呼び名だ。
真里だけはこれまで一度も誠をそう呼んだことはなかった。


「もう私には……はぁはぁ♡
マコちゃんのこと……女の子にしか見えません。
こんなに可愛くてっ♡ はぁん♡
エッチな声出してぇ、んんっ♡
男の人のおちんぽ突っ込まれて喘ぐなんて……
もう完全に女の子ですよ♡」

「うん、そうなの……はぁッ♡ はぁッ♡
おちんぽにぃ……目覚めちゃってぇ♡
あぁんっ! 女の子になっちゃったの♡」

「ふふふ、かわいい♡ この小ぶりなオッパイも。ピンク色のぷるんとした乳首も。
撫で肩なところも、華奢なところも、つるつるした肌も♡ もちろん性格も含めて全部大好きです。愛してます♡」

「わたしも……真里さんのこと全部好き♡ 愛してる!」


再び口付けを交わす誠と真里。
様々な人に、あらゆる加工を受けてきた二人であったが、彼らの心のピースは、再びぴったりと当てはまったのだ。

真里は誠の愛液がもっと欲しくて、
彼のペニクリを牛の乳しぼりのように握った。
鮫島に突かれていることもあり、次々と新しい液が絞り出される。

ねっとりとした愛液がたっぷりと割れ目に付着し、
興奮した真里は、誠の背中を両腕で、誠の腰を両足でがっしり抱きしめ、腰を上げて直接そこをペニクリに密着させた。


「マコちゃんのクリちゃん擦れて気持ちイイッ♡」

「あぁ……真里さぁん♡」


まるで女同士の貝合わせのように、お互いのクリを接触させる二人。

その光景を見て、小早川は激怒した。


「あのクソ女! 誠ちゃんのおちんちんはアタシのものヨ! ぶっ殺してやる!」


目を血走らせて殴りかかろうとする彼を、黒服達は必死になって止めた。
ここでリーダである小早川が鮫島に潰されてしまったら、大変な事態に陥ってしまう。

そんなオカマの心情などお構いなしに、二人はさらに愛を深めていく。


「ねぇ、真里さん……」

「なぁに?♡ マコちゃん♡」

「わたし、もっと激しいのが欲しいの……」

「うふ♡ 私もマコちゃんがもっと激しく犯される姿、見てみたいです♡」


阿吽(あうん)の呼吸と言うものか、
二人は同時に同じことを思い浮かべていた。
誠は身体をよじり鮫島の方を向くと誘惑を始めた。


「ねぇ、鮫島さん……私にキスして♡
キスしながらあなたの逞しいおちんぽ、わたしのお尻オマンコに入れて♡」


鮫島の目に映る誠の姿。

男にも女にも見える中性的な顔立ちに、
赤く火照りすっかり色欲に塗れてしまった肌。
男も女も魅了してしまう美貌。

そして直接男性器を刺激するような淫乱な声。

鮫島はまるで操られるかのように、
男根を引き抜くと、誠の身体を裏返した。

真里はその動きに合わせ、誠の背中にぴったりと張り付くと、後ろから腕を回し、彼の両足を広げて持ち上げた。

ちょうど母親が小さな子供をシーシーさせるような姿勢である。

鮫島は、発射寸前の大砲を再び菊門に差し込むと、誠の身体を強く抱きしめキスをした。そして誠も、彼の背中に細くしなやかな腕を回すと、それに応じた。


ちゅうぅぅぅぅぅ!!! 
ちゅっちゅぷ、ちゅぷちゅぷ、ちゅぶ♡♡


男同士のキス。
お互いに積極的に舌を絡め合い、
男の舌、男の唾液、男の息を確かめ合う。
真里の目の前で、これでもかと濃厚な男同士の性交が繰り広げられる。

鮫島の動きに合わせ、
支えている誠の身体を揺らす真里。
ジュポジュポと逞しい男性器が、誠のお尻に突き刺さるたび、彼女も大きな快感を得た。

まさに生粋(きっすい)の腐女子。
全身がBLを求め、誠のホモ化を望んでいる。

そして彼女はそれが二人を別(わか)つものでないと理解したことにより、心から快感を受け入れられるようになったのだ。


「そう……もっと! もっとキスして! 
あふぅ♡ そうそうそうそうそう♡
ふぁ♡ あ……イク……イ……イク……!!
イっちゃう! マコちゃんのホモセックス見て……イっちゃううう!!
イッ………ちゃぁぁぁぁあううううう!♡♡♡」


ビクビクビクビクビクビクビクビクッ!!! 
ビクンッ! ビクンッ! ビクンッ!! 


体を大きく反らせて潮を噴く真里。
触ってもいない彼女の女性器は、
男同士のセックスを見ただけでイってしまった。

誠は背中で激しく痙攣する真里に気づき、
彼女が絶頂に達したことを理解した。


「うおおおおおおおおおおおおおおおお!!」


鮫島が一段と激しく突き入れる。
目にも止まらぬ速さで、ジャブを撃ち出すように奥の奥を突くと、一気にそれを膨張させ、特大の砲弾を発射した。


ドクドクドクドクドクドクドクドクドクッ!!! 


誠の中に特濃の精子が大量に注ぎ込まれる。
お尻の許容量を超えるそれは、アナルのヒダの僅かな隙間から噴出した。

そのあまりの激しさに、誠は大きく叫ぶ。


「あぁあああああああああっ!!
熱いっ! すごく熱いいいいぃ!!
イっちゃう!♡ わたしも……はぁん!♡
イッちゃうううううううううう!!♡♡♡」


ビクビクビクビクビクビクビクビクビクッ!!! 
ビクビクンッ♡ ビクンッ♡ ビクンッ♡


真里と鮫島に続いて、誠も絶頂に達してしまった。

彼は、己の体内に満たされる男の体液の熱さと、
男に抱擁されることによって得られる女としての快感、そして最愛の真里がイったことへの喜びで絶頂を迎えたのだ。



※※※



「…………」


意識を失い倒れる二人を見つめる小早川。

彼は何も言うことができなかった。

誠への催眠はたしかに成功していた。
誠の性の対象は完全に女から男に移ったはずだ。

なのに、どうして誠は真里のことを愛していると言ったのだろうか? 

彼は先ほど起きた出来事を未だに信じられずにいた。


「あの、小早川さん……」

「……なにヨ?」

「こんな時にすみません。まもなく終電の時間が近づいてますが、いかがしましょうか?」

「いかがって……帰すしかないでしょ!! 
このまま帰さなかったら、誰にどう疑われるか分かったもんじゃないワ! 
さっさと洗って服を着せなさい!!」

「ははっ! かしこまりました!」


黒服達が一斉に動き出す。

小早川はあまりの悔しさに震えていた。
本当は二人ともぶん殴ってやりたい気持ちでいっぱいであった。

だが、誠は大事な商売道具になる身だ。
傷を付けるわけにはいかない。
女の方も、背後にどんな交友関係があるか分からない以上、安易に手を出すのは考えものだった。


「ふーすっきりしたぜー」


実に呑気な顔をして、鮫島がやってくる。
彼はシャワーを浴びて身体を洗ってきたのか、バスローブに身を包み、笑顔すら見せていた。

この男が、快楽に負けなければこんなことにならなかったのに……


「よく平気な顔していられるわネ? あんたは、あの二人に都合の良いオナニーの道具として使われたのヨ? 何とも思わないの?」

「俺は気持ち良ければ何でもいい。あれはあれで気持ち良かったぜ」

「ホントにセックスのことしか考えてないのネ……」

「へっへっへ、そうだな。だが、別にこれが最後ってわけじゃないんだし、そこまで気にすることでもないだろ?」


鮫島は今回のことをあまり気にしていない様子であった。

たしかに失敗はしてしまったが、既に催眠は掛け終えてある。いつでも好きな時に呼び出し、彼らを調教することは可能だ。


「……たしかにそうネ。いくらでも時間はあるワ。
あの二人には時間を掛けて、じっくりと復讐してやる。このアタシの顔に泥を塗ったことを、絶対後悔させてやるんだから!」



※※※


その後、二人は健忘催眠を掛けられ、拉致された場所近くの喫茶店で起こされることとなった。


「お客さん。起きてください。閉店の時間ですよ!」

「んっ?」

「すみません、店を閉めたいのですが……」

「あっ! すみません、なんか眠っちゃっていたみたいで……真里さん起きて」

「はぇ? あぇ? ここは? 
あっ、そっか! 話してるうちに寝ちゃったんだ」


喫茶店で揃って眠るというなんとも不自然な状況であったが、催眠でそう思い込まされている二人は、特に気にならない様子であった。


「あっ! もうすぐ終電だよ! 急いで真里さん」

「ハイ!」


お金を支払い、駅に向かって走る二人。

小早川は、その様子を高層ビルの窓辺からギロギロと睨みつけていた。
検索フォーム
----------
----------
2017年8月16日開始

波時すゆあ

Author:波時すゆあ
同性愛者がノンケを様々な方法を使って堕としていく官能小説をメインにアップしていきます。嗜好の合わない方は閲覧をご遠慮ください。

【R-18】18歳未満は閲覧禁止です。
FC2ブログランキング