FC2ブログ

霧の寝台

ガチ×ノンケ専門の官能小説 主なジャンル:GL BL NTR 催眠 調教 監禁 男の娘 女装

Part.57 【 相部屋(恭子トランス絶頂編) 】



「キョウちゃん、かわいい……」

「あっ……んんー!! んっ♡ んんんー!!!」


 真里が自慰行為を終え余韻に浸る頃、既に直美と恭子の二人は浴衣を全て脱ぎ捨て、生まれたままの姿で抱き合っていた。浴衣どころか布団すらも被っておらず、誠や真里が振り向けば、すぐに気が付く状況だ。


「キョウちゃん❤ そんなに声出しちゃって良いの~? 二人が起きちゃうかもよ? もしバレちゃったらどうなるんだろうね? ふふふ❤」


 小悪魔的 嗤(わら)いを浮かべ、直美が言う。


「あぁんっ❤……直美……お願い、もうやめてぇ……」


 度重なる愛撫により、すっかり蕩けさせられてしまった身体。抗議の声を上げるが、甘いアクセントが混じってしまい意味を成さない。せめて布団さえ被れれば、布団を噛みながら静かにイクことができるのだが……。

 しかしその願い叶わず、直美はお得意の貝合わせの体勢に入り始めてしまった。


「それだけは……だめ……もう、理性保てなく……なっちゃうからぁ……」


 直美から受ける貝合わせ。柔らかな秘肉の触れ合い。ヒダの一つ一つが鋭敏な刺激を全身へと送り込む。恭子は、それがどれほど気持ちが良いものか分かっていた。

 もしも今、それを味わってしまったのなら……僅かに残っている理性は消し飛び、ただ愛欲に乱れ叫ぶ一匹の雌へと変わってしまうだろう……。

 震える恭子を物ともせず、直美は自分の脚と恭子の脚を交互に重ね合わせると、ゆっくりと大事な部分をスライドさせていった。


 ピト……

「あぁぁっんんんっ!」


 恭子は肉壁の狭間に、蕩ける様な甘い肉の感触を与えられ、つい声をあげてしまった。直美のピンク色のヒダの部分が、恭子のそれにキスをする。ぴったりと密着し、まるで肉同士が吸い付き合っているかのようだ。

 直美は貝合わせの準備を終え、あとは擦り合わせるだけとなった。


「ぁ……だめ……だめ……やめて……」


 恭子は首を横に振って、怯えるように直美に懇願する。


「うふふ……キョウちゃん、可愛い❤ もっと可愛くなってね❤」


 恭子の悲願空しく、言い渡される直美の言葉。直美は女同士にしか出来ない秘貝同士のディープキスを開始した。


 ぐにゅ……くちゅくちゅ……パンッパンっパン‼
 ぬちゅぬちゅ……パンパンパンパンッ‼


 お互いの秘唇の間から涎を垂らし絡み合わせる。ぐちょぐちょになった液体をミックスしねっとりと糸を引かせる。


「ンフッ!! ンーンーンー❤ ンフッー❤ ンフッー❤❤」


 恭子は声を出さないよう必死に口を閉じ、与えられる快感に耐えていた。

 そんな恭子の抵抗を、まるで無駄なものと嘲笑うかのように、直美は顔を近づけキスをすると、舌を使い、硬く閉じる恭子の唇を無理矢理開かせた。


「ンン!!……ちゅっぷ、ちゅっちゅっ……あっはぁっ!! あぁん!! はぁっ! はぁっ! ああぁっ!!」


 恭子の喘ぎ声がキスをする唇の間から漏れ出る。その恥ずかしさが、さらに恭子の羞恥心を掻き立て、全身を火照らせた。

 徐々に激しさを増す直美の腰使い。絶頂が近いことを感じた恭子は、逆に早くイって終わらせてしまおうと考えた。

 敢えて自らも腰を振り積極的に感じようとする。一度イってしまえば、冷静さを取り戻せるだろうと考えていたのだが……。


ピタ――――――――――。


 そこで急に直美の動きが止まる。


「…………直美?」


 新たな快感を与えられなくなり、急に寂しさを感じてしまう恭子。直美はニヤニヤと笑みを浮かべて恭子の様子を見ている。どうやら、わざと止めているようだ……。ずっと抵抗を続けていた恭子が急に従順になったことから、考えを見透かされてしまったのだろう……。

 茫然としている恭子に対して、直美は追い打ちをかけるように貝合わせを再開する。


 パンッパンッ! ぬちゅくちゅっ……くちゅぅくちゅぅ……


「ぁんっ❤ ぁっあっあっ❤ な……なおみぃ……❤ あっ! あぁっ! イク……」


ピタ――――――――――。


 そしてまた恭子がイキそうになると止めてしまう。


「あぁ…………そんなぁ……」


 またしばらくして動きを再開する。


 ぐりぐり……パンパンパンっ! むちゅっむちゅっちゅっちゅっちゅっ


「ふぁっ!!………あっ! あっ! いぃっ!! いぃぃっ!!」


ピタ――――――――――。


「………………」


 また直美の動きが止まる。次第に恭子の全身にムズムズとした官能の渇きが芽生えていく……。

 止めないで欲しい。もっと強い刺激が欲しい。

 直美が寸止めを繰り返す度に、恭子の心は色欲に染まっていった。


――――――!!!


 何度も繰り返される寸止め。そうしていると恭子が突然直美に抱き付いた。


「やだぁ……おねがぃ……なおみぃ❤ イカせてぇ……❤」


 繰り返される焦(じ)らし行為に我慢できなくなってしまったのか、恭子は瞳を潤ませ、甘えるような仕草で続きを求めた。


「うふふ❤ キョウちゃん、あたしのこと好き?」

「うん、すきぃ❤ だいすき❤ だからぁ……❤」

「じゃあ~キョウちゃんの方からキスして?」


 恭子は両手、両腕で直美の頭を包み込むと、啄むようにキスをした。


「ちゅ……ちゅっちゅっちゅっ❤ すきっ、だいすきっ❤」

「えへへ❤ あたしもキョウちゃんのこと大好きだよ❤ ちゅっ……❤」


 恭子はキスをしつつも腰をくねらせ、直美の女性器に自らのそれを擦りつけた。女のヒダを使って、ねっとりと、厭らしく、貪(むさぼ)るかのように、淫口同士のディープキスを行う。


「こんなことしていいのー? 二人が見てるかもしれないよ? うふふ❤」

「うん……もういいのぉ……なおみのこと……ほしくてたまらないからぁ……❤ もっといっぱいエッチしよっ❤ ねっ?❤」


 恭子の声は、さっきまでの悲痛な声とは違い、明るく可愛らしいものへと変わっていた。目付きもすっかり蕩けたものへと変わり、直美から与えられる快感の虜となってしまったようだ。

 何度も焦(じ)らされたことにより、我慢の限界を超えてしまったのだろう……。
 一種のトランス状態に陥ってしまった恭子は、あれこれ考えるのを止めてしまい、直美に言われればどんなに恥ずかしいことでも受け入れてしまうような状態になってしまっていた。


「キョウちゃん、可愛い❤ ちゅ……ほら、これが良いんでしょ?」


 直美が腰をくねらせると、二人の秘貝の間からぴちゃぴちゃと滑り気のある音がした。


「うん❤ なおみのおまんこきもちぃいのぉ あんっ❤ もっと……もっとしてぇ❤」


  ちゅっ……ちゅっぷ……れろぉれろぉ……ちゅっ……


 二人は上下両方の唇でキスをした。恭子がギュッと抱き締めてくれているので、直美は余った手で恭子の背中をフェザータッチする。乳房同士も重なりあい、まさに全身を使ってセックスをしている状態だ。



 ※※※



 ドキドキ……ドキドキ……


(二人とも……まだしてる……さっきと違って、恭子さんはっきり声出しちゃってるし……)


 一層激しさを増していく直美と恭子のレズビアンセックス。

 ほんの少しの好奇心。自慰行為を終えていた真里は二人の様子が気になり、後ろを振り向いてしまった。

 そこには二匹の美しい雌が、身体を抱き締め合い、淫らに求め合っている姿があった。


(あっ……綺麗だな……)


 それが、真里から見た二人の第一印象だった。女同士への抵抗感よりも二人の美しさが勝り、思わず見惚れてしまっていた。

 今の今まで自慰行為に没頭していたこともあり、真里の左手は乳首に、右手はクリトリスに添えられていた。レズ行為を見ているうちに、無意識に指が動いてしまう。


(んんっ!!)


 真里の身体がビクッと震える。ピリピリっとした刺激が指先から周辺に広がった。


 (ヤバイ……これ……危険なヤツだ………すぐに止めないと、止められなくなる…………そ、そうだ! 誠くんの方を向こう!)


 真里の中で、百合警報器が鳴る。さすがにこれでオナニーをしてしまったら、レズっ気があると見なされても仕方がない。すぐに身体を反転させようとしたのだが……


 ギュッ……


(えっ……!?)


 背後にいる誠が、急に手を伸ばし真里のことを抱き締めてきた。

 誠は自宅で寝る時は、いつもお気に入りの猫のぬいぐるみを抱いて寝ていたため、寝惚けて真里のことを抱きしめてしまったのだ。

 しかし何も知らない真里は……


(いひぃぃぃ!!……誠くんが私のことを……なんでなんでなんで? でも……嬉しい……ポッ❤)


 急な出来事に大喜び。しかしそれにより、高まってきていた欲情が一層高められる形となってしまう。


「あ……あの……マコトさん……?」

「すぅーーーすぅーーー…………」

「……………」


 真里が問いかけるも返事はない。ただ誠の寝息の音が聞こえるだけだ……。そこで真里は勘付いた。誠はただ寝ぼけているだけなのだと――。

 身体の向きを変えることができなくなってしまった真里は、そのまま直美と恭子のレズプレイを凝視する形となってしまった。


むに……むに……。


 誠の発達したての小ぶりのおっぱいが背中に当たる。


(あっ❤ ちょっと……誠くんのおっぱい……柔らかくて、ふにふにしてて……気持ちいい……❤)


 愛する人の抱擁、柔らかい胸の感触、美しい雌同士のレズビアンセックス、女特有の淫らな匂い……それら全てを受けてしまい、真里は思わず、乳首と淫核に添えている指の動きを再開してしまった。


(あぁぁ……ヤバイィィィ……気持ちいぃぃぃぃ❤  これ絶対ヤバイやつだよぉぉぉぉぉぉぉ❤)


 そう思いつつも指の動きを止めることができない。

 真里は、誠の腕から力づくで逃れようと思えば、いくらでも振り解くことはできた。しかし真里の心が、抱擁という名の拘束を振り解けなかった。

 当たり前である。真里は誠のことが大好きなのだから……。振りほどけるはずがない。

 生まれて初めて最愛の人に抱き締められ、生まれて初めて生の女同士のセックスを見ながら自慰行為に耽るという、なんとも禁忌な行為。

 あまりにも倒錯的なその行為に真里の子宮はキュンキュンと喜び疼いてしまっていた。


「……なおみ……あいしてる……だいしゅきっ❤ ちゅっ……んちゅ……くちゅっ……」

「んちゅぅ……んんっ……ちゅっちゅっ……あたしも、キョウちゃん大好きっ❤ 一生一緒にいようねっ!」

「うんっ!❤ いっしょう、いっしょ❤❤」


 普段クールな恭子から発せられるには、あまりにも高くてカワイイ声。その幸せそうな表情は、あどけない少女のように清く純粋なものだった。


(うわあぁぁぁぁぁぁぁ❤……恭子さん……かわいぃぃぃぃぃぃ❤)


 真里は恭子に対して、大きなギャップ萌えを感じていた。腐女子である真里は、こういったギャップ萌えにとても弱かった。
 それにより、真里の淫泉からは、新たな女汁が溢れ出し、大輪の花を濡れ光らせてしまっていた。

 あろうことか、真里は"同性の恭子に欲情してしまった"のである。


(あぁ、恭子さん……すごいエッチ……んんっ❤ 私……なんで女の人相手に、こんなに身体が反応しちゃうのぉぉぉぉぉぉ…………)


 恭子の喘ぎ声が超音波のように届き、その一声一声が真里の心と身体を刺激する。
 興奮してはいけないと思えば思うほど、禁忌を犯したくなる欲求が増していき、恭子の動きに合わせるように指の動きを加速させてしまう。

 もう完全に火照ってしまった真里の身体は、真里の意思を無視してここで恭子と一緒にイクことを決めてしまったようだ。


「あっあっあっ、イク……イク、イっちゃうっ!! イっくぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!!!」

(ぁぁぁっ、ダメっ……我慢できない!! こんな、誠くん以外の人で……しかも女の人相手に……! あぁ……ダメ……イッちゃう……イッちゃう……イっちゃうぅぅぅぅぅぅ!!!)

「キョウちゃん……イッて………! あ……あたしも……ダメっ……あぁっ!! イク……イクっ!! んんんんんんっっっ!!!!」



 ビクビクビクッビクビクビクビクビクッ!!!!!



 恭子と真里と直美は、三人同時にイってしまった……。



※※※



 1分後……

 真里は布団に顔を埋め、荒い息が収まるのを待っていた。


(私は……一体なんてことを……………まさか………恭子さん相手に興奮して……しかもイってしまうなんて……あああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ………悔やんでもぉぉぉぉぉぉぉ………悔やみぃぃぃぃ……きれないぃぃぃぃ………)


 直前に女の誠を相手に自慰行為を行い、さらに最愛の人に抱き締められ発情してしまうというハンデはあったものの、真里が本物の女性に対して欲情し絶頂してしまったのは事実。

 真里は今、男の賢者モードのような状態で、己が犯してしまった禁忌を悔やんでいた。


(誠くんをホモから解放しようとしているのに、私がレズに囚われてしまってどうするの……たしかにGL本でムラムラしたことはあるけど、これはないわーーないわーーー……)


 思えば、誠に抑えられていたとはいえ、咄嗟に今のように布団を被ってしまえば、直美達の痴態を見続けなくても良かったのだ。

 しかし、誠に抱き締められるという急なアクシデントにより、真里はそこまで頭が回らせることはできなかった。

 真里はガッカリと項垂れながらも、この事は誰にも話さずお墓まで持っていこうと誓ったのであった……